クラシカルベリーダンスって?

ダリヤのレッスンではクラシカルなスタイルのオリエンタルダンス(ベリーダンス)が習えます。

「クラシカルスタイルって何?」をとても簡単にですが説明しますと以下のような感じです。

 

クラシカルスタイル、オールドスタイル、ヴィンテージスタイルなど呼び方は様々で呼称によって細分化もされているかも知れません。個人的な感覚では70年代くらいまでをヴィンテージスタイルという気がします。

 

エジプトの首都カイロが、アラブの芸術・芸能の都だった1940年代に豪華なナイトクラブで花開き始めたのが現在のお腹を出した衣装で踊るスタイルです。その後ナイトクラブはもちろん映画の中でも美しいダンサーが夢のように舞い、風潮が自由だったこともあり映画からテレビの時代になってもスターダンサーが次々に生まれました。レダ民族舞踊団やコウメイヤといったソフィスティケートされたフォークロアのステージや、特にオーケストラを率いた大歌手が多くの聴衆を魅了しました。

この頃のラクス・シャルキー(ベリーダンス)のスター達の流れは、だいたい90年代中頃までだったようです。

2000年代に入ってからは、外国人ダンサーの活躍もあり西洋的のダンスの斬新な取り入れも人気を博し、現在は世の中のグローバル化と共にダンスも大きく変わりました。

 

プラネットダリヤのでは、この90年代くらいまでのアラブらしいベリーダンスを大まかに「クラシカルスタイル」としてお伝えしています。特徴は、

 

★腰やお腹の動きを多用しますが、どちらかと言えばゆったりした動きが多いです。

★スポーティではなく、過度なセクシーさも求めず、エレガントで女性らしさを求めます。

★リズムや音楽を重視します。

★奥ゆかしさがあります。

 

この特徴により、幅広い年代の方も楽しめますし、ダンス初心者にも向いています。

またモダンスタイルの基礎として重要です。